東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > イスラエル報復の爆撃
2015年6月7日 : イスラエル報復の爆撃

パレスチナのガザ地区からロケット弾が発射され、イスラエル国内の着弾した。すぐさま、イスラエルは報復し、パレスチナを爆撃した。イスラエルの国是は「やられたら、10倍にして返す」。だから、周りの国もおいそれと攻撃できない。
第一次中東戦争の時、エジプトは数十機のジェット戦闘機を並べていたがmそのうちの半分は模型の戦闘機で偽物だった。しかし、イスラエルの攻撃は見事に本物だけを爆破し、模型の戦闘機は残した。このイスラエルの情報収集力と攻撃力がイスラエルを現在まで生き残らせてきた。
もし、イスラエルに憲法第9条があったら・・・すぐに消滅していたことは間違いない。
現在の日本も、周りに中国や北朝鮮という危ない国がある。イスラエルと似たようなものだ。防衛体制は考え直さないといけない。福島みずほや辻元清美の言うことなど、全く現実味のない絵空事である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA