東京都豊島区の葬儀社、株式会社中央セレモニーが運営するHPです。

中央セレモニー トップページ > とんでもない大村知事の見解
2019年8月6日 : とんでもない大村知事の見解

あいちトリエンナーレの展示会が中止された。
昭和天皇の御真影が焼かれたり、慰安婦の像が展示されたり・・・内容は、歴史の事実を無視したもの、あるいは「不敬」にあたるものばかり、壮大な「反日ヘイト」の展示会だった。これに県民のみならず全国から怒りの声が寄せられたから。
特に、スポンサーの一つだった名古屋市の河村市長がクレームをつけたことが大きな要因となった。
ところが、大村県知事、河村市長の意見に対して「憲法第21条に違反する」と言い出した。
要するに、河村市長は「検閲」をしたと言うのだ。表現自由を奪ったと言うのだ・・・とんでもない知事です。
大村知事の写真を焼く行為を「芸術」だと言えるのか?
展示物は「芸術」ではありません。単なる「反日プロパガンダ」ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA